04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

梢

Author:梢
お手紙、文具、絵本、かわいいもの…
だいすきなこと、綴ってゆきます。

おいでいただきましてありがとうございます*
まず最初に「ABOUT」をご一読いただけますと嬉しいです。





にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

フリーエリア

FC2カウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモのものづくりBOOK

2014.09.11 10:35|
カモのものづくりBOOK -誰でもできる!  かんたんアイディア113-カモのものづくりBOOK -誰でもできる! かんたんアイディア113-
(2014/07/29)
カモ

商品詳細を見る

実践に勝るものはない、というのは分かってはいるのですが…(笑)またまた、how to本を購入してしまいました。
(人によって好みも望むものもそれぞれ違うので、こういう本は本屋さんで実際に見て確認してから買うことをおすすめします♪)
本屋さんに行くと、いかにも女の子が好きそうな、華やかなコラージュやものづくりの本が最近たくさん並んでいて。
そういうのって確かに素敵なんだけど、クリエイティブのクの字もない人間である私からするとあまりにもレベルが高すぎて…。たとえ本を参考にしたところで自分が同じことをできるとは到底思えないというか(^^ゞ

その点、本屋さんでたまたま目に留まって手に取ってみたこの本は、シンプルで、でも気の利いたカードやラッピングのアイデアが色々載っていて参考になりそうでした。
私はいろんな装飾をするよりはシンプルなものが好きなので、”シンプルな素材にちょこっとプラスして”というコンセプトも自分に合うかなと。

出てくるアイデアの系統としては、
巷で流行りのコラージュ(こう呼ばれるもの=素材をいくつも組み合わせて、外国風、おしゃれ、華やか、ゴージャス…という言葉で表されるというのが私のイメージ。あくまでも私の、ですが・笑)風というよりは、
シンプル、ほっこり、可愛い系…かなと思います。

この手の本って、完成品と手順だけがどーんと載っていることが多いけど、
この本にはタグの紐の通し方とか、割りピンの留め方とか…ささやか&基本的すぎてあまり本には載ってないような小さなコツや情報が、こまごまと載っていたのも大きなポイントでした。
そういうのって本当にちょっとしたことだし、絶対こうでなきゃいけないと決まっているわけではないけど、
よく分からないままずっと見よう見まねでやっているせいかどうも不恰好で…すごくコンプレックスなんですよね。
なのでこういうことを載せてくれてるのは嬉しいなあと思って。

書かれた方がプロのイラストレーターさんなので、カードにしても何にしてもイラストを取り入れたものが多いかなという印象。
かたや私は…絵心が破壊的にないので(^^ゞ代わりにシールやマステを使って挑戦したいです。
やっぱりプロの方だけあって、シンプルな構図でもこうすればおしゃれに見えるんだなあとか、こういう風にすればバランスが取れるんだなあとか…眺めていると色々と目からウロコです。
ノートの書き方も載っていたので、先日ノートカードでお手紙を書いた時にさっそく参考にしました*

これなら自分にもできそう(私はクリエイティブのクの字もない…以下省略、なのでこう思えることは重要・笑)、これはやってみたいな…って思うアイデアが他にも色々載っているので、機会があれば挑戦したいです*^^*

P.S. ちなみに。
コラージュ本の巻末とかによくある、切り取って使える素材集的なものはこの本にはついてないです、念のため。

スポンサーサイト

マステ+イラストの本を買いました。

2014.03.28 01:32|


イラストでアレンジ! マスキングテープの使い方 (玄光社MOOK)イラストでアレンジ! マスキングテープの使い方 (玄光社MOOK)
(2013/03/28)
しまだ・ひろみ

商品詳細を見る


前の記事の、春のおたよりで。何の気なしにやってみた、マステを貼ったところへ黒のペンでちょいと書き足す…っていう遊び方が思った以上に楽しくて。
何か、お手本になるような本ってないのかな…?と検索して見つけたのがこの本。
本屋さんで実物を見て、よさそうだったので購入しました。
増税前最後のお買い物はこの本になりそうです。

続きを読む >>

『やわらかなレタス』

2013.11.02 11:44|
やわらかなレタス (文春文庫)やわらかなレタス (文春文庫)
(2013/08/06)
江國 香織

商品詳細を見る

ここ最近は…心の中をなるべく静かに保ちたくて、ネットやテレビに接する時間は最小限にして、そのぶん本を読んでいます。
期せずして読書の秋になりました。

新しい本が何か一冊欲しいな、と外出の途中で立ち寄った本屋さん。
文庫のコーナーに行くと、江國さんの、初めて目にするタイトルの小説が文庫になっていて…一度は手に取ったものの、
小説ってどんなものも少なからず波乱万丈なので(?)その波乱万丈を今の自分の心の中に取り込む自信がないかも…と。
そしてふと視線を移すと、このピンクの表紙が目に飛び込んできて。
わ~可愛い表紙…と思って近づいてみたら江國さんのエッセイ!江國さんのエッセイは昔から大好きで、家にも何冊もあるので、いそいそとレジに持っていきました。

食べ物にまつわるエッセイ集でした。
私自身は、食に対して実はそれほどこだわりがないというか…感覚がうすぼんやりしてるほうで(^^ゞ
そのぶん、書物で描かれる食べ物の記述を読むのが好きです。
江國さんの手にかかると、それがたとえ私自身が個人的には苦手な食べ物でも、文章を読むと思わず食べたくなるから不思議。

中でも、緊張してスタバに入れない、という一文に強烈な親近感を覚えました。
緊張する理由が、フレーバーとかいろんなことを訊かれるらしいから、というところまで見事に一緒で(笑)
私も、通りがかりにスタバがあった時、入ってみたものの注文にまごつく自分が想像できて…。やっぱり家に帰って自分でお茶をいれて飲もう、ってなります。ただの考えすぎだって頭では分かってるんですけどね(^^ゞ

そんなこんなで、私がスタバに入ったのは今まで一度だけ。憶えているかぎり一度だけ(笑)
場所は大分で、確か2月頃で、ずっと外にいたのでとにかく寒くて…。暖かい場所で温かいものが飲みたかったんですよね。
フレーバーもそうだし、そもそもサイズの名前がSとかMじゃないらしい、っていうのをちらりと聞いたことがあったので…それはそれはおっかなびっくりでした(^^ゞ
どこで仕入れたんだか定かでないんだけど、”キャラメルマキアート”という単語がなぜか頭の片隅にあって。飲んでみたいうんぬんというより、言葉の響きがなんとなく心に残ってたんだと思うんですけど。
スタバにはきっとあるんだろうから迷ったらとにかくそれを頼もう、と意を決して入ったのを覚えてます。
結果、はじめてのおつかい並みに緊張しながらも、キャラメルマキアートは無事飲めました(笑)

北野に、見た目洋館・中身スタバっていう建物があって…中がどうなってるのか神戸に出かけるたびに気になるんですよね…。いつかは入ってみたいです。

…というわけですっかり本から話がそれましたが(^^ゞ大好きな江國さんのエッセイが本棚にまた増えて、嬉しいです。
少し肌寒くなってきて、でも暖房をつけるにはまだ早い気がするから毛布にくるまって…本の世界に没頭するのはなんとも安らぐひととき。
一体どうやって嗅ぎ付けるのか、そうやって本を読んでる私にくっついて暖を取ろうとあの子が部屋にきたよなあ…ってことを不意に思い出したりもして、少し切なくもなるんですけどね。
人間がそこにいることを猫に知らせたわけではないのに、いつのまにかいる、ってことよくあります。なんで分かるんでしょうね、猫って(笑)


おまけに本つながりで…少し前に見つけたこんなポストカード。
猫の表情といい、使う色が黒と赤に限られているのといい、変な甘さがなくてきりりとかっこいいです。
猫と本という組み合わせは珍しいし、両方好きなものなので、フレームに入れて部屋に飾っています*

久々に本の話。

2013.03.03 18:11|


猫を過ごさせている部屋は、家の中でいちばん暖かい部屋。
必然的に人間もそこで過ごすことが多いのですが、その部屋にはテレビがなくて…どうしても見たい番組はワンセグで見たりもするけど、圧倒的に本を読んで過ごすことが多いです。
ブログに本というカテゴリもつくってあるのになかなか増えないことですし(笑)今日は久しぶりに本の話題でも。

戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)戸村飯店 青春100連発 (文春文庫)
(2012/01/04)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

いちばん最近読んだのはこの本。
瀬尾まいこさん、この方もかなり好きな作家さんの一人です。
これは母が人から借りた本で、タイトルに最初は少々面食らったものの(笑)瀬尾さんの作品ということで読み始めたら、あっというまに読んでしまいました。
兄弟の話なのですが、兄弟といういちばん近い存在だからこそのコンプレックスだったり、相手のことが分かるようで分からない感じだったり…。私自身妹がいるので、そういう部分がすごくリアルに感じられて引き込まれました。
兄と弟、それぞれの視点で交互に描かれる形で話が進んでいくので、弟の目からは兄(もちろんその逆も。)はこういう風に見えていたけど本当はこうだったんだ…!みたいな面白さがあって。
主人公が関西人で台詞を関西弁でしゃべるところも、親しみが持ててよかったです。
じっくり読みたいしそのうち買おうかなあ。

強運の持ち主 (文春文庫)強運の持ち主 (文春文庫)
(2009/05/08)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

幸い今は猫の体調もずいぶん落ち着いているけど、読んだ後に落ち込むような話は、今はなるべく避けたくて(^^ゞ
その点瀬尾さんのお話しは、大きな事件とかは起こらないけど登場人物の心情が細やかに描かれていて、読んだ後に優しい気持ちになれるので好きです。

卵の緒 (新潮文庫)卵の緒 (新潮文庫)
(2007/06/28)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

いくつか読んで、私の中でのだんとつのいちばんはこの本です。
初めて読んだ瀬尾さんの作品でもあります。
親子の話で、主人公は一応子どものほう…なのですがその子のお母さんもかなりいいキャラというかなんというか。
将来もし自分が母親になれることがあったら、こういうお母さんになりたいなあ…なんてふと思ってしまったりました(笑)


今日は雛祭りですね~。
桃の花…はどこに行けばあるのか分からないので(笑)代わりに梅の写真を。


そろそろ咲いているかな?と買い物の帰りに寄り道して撮った写真です。
いちばん好きなピンク色の梅はまだ蕾だったけど、白い梅がもう咲いていました。
まだまだ寒くても、一歩ずつ春が近づいているんですね~。

そして昨日は久しぶりに、電車に乗って出かけてきました。
目的はもちろんお買い物。日用品のそれじゃないのはこの半月あまりできずにいたので、その反動が。。。ポストカードやらシールやら、どかーんといってしまいました(^^ゞ
その話は、またのちほど改めて。

水縞の買い物いろいろ

2012.11.21 11:10|


昨日行った水縞のイベントで、イベントのもの以外で買ったもののこと。

2012 932.2jpg


イベントのもの以外にも、会場には水縞の商品がぎっしり。
あんなにたくさん売っているところってなかなか見ないので、もう嬉しくて…目移りしてしまいました(笑)
結局選んだのは、丈夫そうな紙でできたごくシンプルな封筒。しかも無地。
最近こういう、飾りとか何もついてない、素材そのままの風合いを生かしたものに惹かれます…。
その手前は、恵文社と水縞のコラボ品の便箋です*


真っ黒のアクリルで出来たちいさな鍵…ブローチになっています。
家や動物のかたちの陶器のブローチなら前から知っていたけど、これは初めて見ました。

2012 931.2jpg


シンプルで甘すぎない水縞らしさが光る、シルエットモチーフ。
こんな感じで、マフラーや帽子につけるつもり*


そして、11月に出たばかりの書籍。
水縞の商品の紹介、そしてそれを使ってつくる紙雑貨の本です。
最近コラージュとか手作りが流行っていて、こういうhow to本もたくさん出ているけど、
気の向くままにやっている感じに見えて実は素材の配置や色合わせ、元々の素材のチョイスにセンスが要求されるものが多い気がして、不器用な私にはかなりハードルが高くて…。
この本に出てくるものは、それに比べるとちょっとしたひと手間って感じがしたので、自分にもできるかも?って思えました。
紙をミシンで縫い合わせてつくる袋とかすっごい可愛いんだけど…うちってミシンあったやろか…。
(…というか、もしあったとしても使いこなせないかも(^^ゞ)
ふたつの素材を組み合わせたり、本来の用途から少し変えて使っているものも多くて、それだけでずいぶん印象が変わっているのが目からうろこでした。
頭をやわらかくするってこういうことなんだなあ。
なにしろ、大好きな水縞のものがいっぱい載っているので、ただ眺めているだけでしあわせです(笑)
そのうちこの本を見て何かつくりたいなあ~。


で、これは本と一緒に置いてあったフライヤー。
裏返すとこんな風に、この紙自体も切り取って遊べるようになってました。さすが。
実際に切り取ってみるかはさておき(笑)こういう紙ってもらってきたら最後、捨てられなくてどんどんたまっていっちゃうんですよね~。

いやはや…買いました(笑)
思い立ったらぱっと行ける距離にお店があったらな~って昨日は思ったけど、なかなか行けなくて逆によかったかもしれません(^^ゞ
でも、満足です!


先日は拍手をたくさんありがとうございました。
続きはいただいていたメッセージへのお返事です*

続きを読む >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。